身長を伸ばすために牛乳は欠かす事が出来ない理由とは?

身長を伸ばすために牛乳は欠かす事が出来ない理由とは?

小さい頃親に「牛乳を飲むと身長が大きくなるからたくさん飲みなさい!」と言われてきた方も多いのではないでしょうか。確かに牛乳は栄養満点で、身体を大きくして行きたい時には効果的だと言う印象はありますが、果たして本当に身長を伸ばす手助けをしてくれるのでしょうか。

 

もしかしたらこのページをご覧頂いているあなたも、自身のお子さんに成長のために牛乳を1日に1リットルを飲ませているのかもしれません。このサイトでは、牛乳が私たち人間の身長にどのような影響をもたらしてくれるのか、見て行こうと思います。

 

牛乳を飲めば身長は伸びやすくなる

 

まず結論から申し上げますと、身長の伸びる可能性のある子供たちが牛乳をたくさん飲む事で、身長が伸びやすくなると言えるでしょう。

 

伸ばす成分はタンパク質!

 

実際に牛乳が身長を伸ばすためには効果的だと言う事が分かりましたが、どのような成分が身長に働きかけてくれるのだと思いますか?恐らく7割近くの方は「カルシウム」と答えるのではないでしょうか。

 

ですが、私たちの骨を縦にグングン伸ばしてくれる成分はカルシウムではありません。見出しにも書いてありますが、実はタンパク質こそ身長を伸ばす唯一の栄養素になるんです。

 

身長が大きくなる、すなわち骨が伸びるためには骨の軟骨細胞を大きくして行けば良いのですが、これに働きかけてくれるのがタンパク質になります。牛乳もそうですし、お肉やお魚などの動物性タンパク質、豆や小麦などの植物性タンパク質がこれに当てはまります。

 

牛乳1杯200mlには、およそ7g程度のタンパク質が含まれており、気軽にタンパク質摂取をして行きたい時にはかなり向いているのです。

 

カルシウムは骨を丈夫にする

 

身長を伸ばしてくれる牛乳の成分はタンパク質だと言う事は分かった。じゃあメインとして注目されているカルシウムは骨にどんな作用をもたらしてくれるの?と疑問に思う方も多いかと思います。タンパク質が骨を伸ばしてくれる働きがあるのならば、カルシウムは骨を強くしてくれる働きを持っています。

 

身長には何ら影響をもたらしてくれないこのカルシウムですが、ただ強い身体を作り出す時には必須な栄養素であると言えます。特に子どもがサッカーや野球、柔道などの身体を激しく使うスポーツに取り組んでいる場合、カルシウムの摂取量でパフォーマンス能力は大きく変わってくると言っても良いでしょう。

 

骨は使っていくとどんどん消耗して行きますから、牛乳などから上手にカルシウムを摂りいれてきちんとケアをして行きましょう。

 

牛乳はいつ飲むのが身長に効果あり?

 

牛乳はいつ飲めば身長が大きくなれるのか?と言う事ですが、これについては基本的にはどの時間帯に飲んでも効果は同じだと言えます。ただ、飲む時間帯としましておすすめなタイミングは存在しますので、それについて説明をして行きます。

 

栄養が不足しがちな朝食時に

 

まず子供たちが身長を伸ばすために牛乳を飲むタイミングとしておすすめなのが朝食の時間帯になります。恐らく皆さんも一度は経験された事がある方もいらっしゃるかと思うのですが、朝って眠たいし食欲もあまり沸かないものですよね...。

 

それは子供たちにとっても同じ事。出来れば朝ご飯を食べずにギリギリの時間まで眠ってから学校に行きたいと内心思っているはずです。

 

ですが、朝食を抜いたまま学校に行ってもお腹が空いてしまうわ、授業に集中出来ないわで何一つ良い事はありません。だからこそ、牛乳のようなタンパク質やカルシウムなどを豊富に含んだ栄養価の高いものを摂るのが望ましいのです。

 

牛乳だけでは味気なくて飽きてしまう...と言ったお子さんにはココアパウダーなどを混ぜてみると新鮮さを感じられるようになるかと思います。今では市販で色々な牛乳に味付けをする商品が販売されていますので、是非とも試してみてはいかがでしょうか。

 

スポーツを終えた後

 

意外!?と思われるかもしれませんが、部活や近所のスポーツクラブで汗を流し終えた後にも牛乳はおすすめ出来る飲み物なのです。

 

一般的にはスポーツ中、もしくはスポーツ後と言うのはスポーツドリンクを飲むイメージがありますよね。確かにこういった飲料には電解質やカリウムなどのミネラルなどが含まれているため、汗をかいた後にはもってこいの飲み物です。しかしスポーツドリンクには無い牛乳ならではの成分があります。そう、それが身長を伸ばすためにも必要なタンパク質です。

 

身体を動かした後と言うのは運動強度に関係なく、筋肉が疲労している状態です。そしてこの筋肉を修復させるために重要な役割を果たしてくれるのがタンパク質なんです。

 

傷ついた筋肉をきちんとリカバリーしてくれ、疲れを溜めにくい強靭な肉体作りにも一役買ってくれるんです。最近何だか子供がスポーツするとグッタリしているなー...と感じているのであれば、牛乳などから上手にタンパク質を摂取してみるのも1つの救済策になります。

 

就寝前にホッと一息

 

牛乳はタンパク質やカルシウム補給のために飲む場合がほとんどですが、意外な効果を私たちにもたらしてくれます。もし、夜眠りに就く前に人肌程度に温めたホットミルクをちまちま飲み干せば、気分も朗らかになり安眠効果を期待する事が出来るでしょう。

 

これは牛乳がもたらしてくれる効果のページでも解説しているのですが、牛乳に含まれるトリプトファンが精神をリラックスさせてくれるセロトニンの分泌を促してくれるからなんです。

 

特に子供たちは学校での出来事に敏感に反応しがち。友達と喧嘩をしてしまった、テストであまり良い点が取れなかったなど、その日に嫌な事があるとなかなか寝付けない事も多々あるものです。

 

そんな時には寝る前に気分を落ち着かせるために、温かい牛乳を飲んでから寝るとグッスリと寝られる可能性は高くなるはずです。健康的な毎日は質の良い睡眠によって賄われていますので、子供が元気無いと感じるようであれば是非牛乳を飲ませて上げて、話しなどを聴いてみて下さいね。

 

牛乳を飲むメリットは何なのか?

 

カルシウムを摂るのに便利!

 

成長途中の子供たちにとってカルシウムは大人以上に必要な栄養素になります。そして牛乳には豊富にカルシウムが含まれていて、コップ1杯(200ml)の牛乳を飲むだけでも1日に必要な30%以上のカルシウムを摂取する事が出来るんです。

 

牛乳以外のカルシウムを多く含む食品には、小魚、ほうれん草、ブロッコリーなどがありますが、どれも牛乳に比べるとカルシウム量は少なくなってしまいますし、何より量を食べるのが大変です。

 

そんな中でも牛乳であれば飲むだけで良いですので、気軽にカルシウム補給をするのに最適な飲み物と言う事になるんです。

 

色んな味付けで楽しめる!

 

子供は飽きっぽいのが特徴です。いくら牛乳が身長を伸ばすのに役立ったりカルシウムが豊富に摂れるメリットはあるものの、味に飽きてしまったんでは子供たちも積極的に健康のためにと牛乳を飲まなくなってしまうでしょう。

 

そんな時でも牛乳であれば、ココア風味にしたりヨーグルト風味にしたりと様々な味付けで楽しめるのもメリットであると言えますね。例えば成長期サポートサプリのアスミールであれば、ココア風味で牛乳を楽しめるだけでなく、身長を伸ばすために必要なビタミン・ミネラルも補えますのでまさに一石二鳥であると言えます。

 

アスミールは比較的安く手に入ると言う点もあり、子供の身長を伸ばしてあげたい親御さんに今大注目を集めているんですよ。

 

牛乳ばかり飲んでいてもダメ

 

ただ、牛乳が身長を伸ばす手助けをしてくれるとは言え、飲み過ぎてしまうのも良くありません。ここからは牛乳ばかりたくさん飲んでいると、どのような悪影響が出てしまうのかを書いて行こうと思います。

 

肥満になってしまう

 

牛乳はカルシウムとタンパク質と言うイメージが先行しがちな飲み物ですが、炭水化物や脂質などもかなり含まれている落とし穴を見過ごす事は出来ません。お水とは違い当然カロリーもある訳ですから、喉が渇いたらお茶や水代わりに牛乳をグビグビ飲んでいたんでは肥満になってしまいます。

 

余談ですが、成長期の子供たちが過度な肥満になってしまうと、脂肪細胞からレプチンと呼ばれるホルモンが分泌されてしまい、このレプチンが身長の伸びを妨げてしまうと言われています。牛乳が原因だけで太ってしまう事は少ないかとは思いますが、何事もほどほどであるぐらいが1番です。

 

お腹を下してしまう

 

牛乳は胃に悪く、飲むと下痢をしてしまう飲み物だ。こう感じている方も多いのではないでしょうか。実は正解なんです。特に日本人の場合、牛乳に含まれているラクトースを消化するための酵素であるラクターゼの含有率が非常に低く、上手く身体の中で分解をする事が出来ないんです。

 

その結果、過剰に摂取をしてしまうとお腹がゴロゴロと音を立て、下してしまうケースも珍しくはありません。お腹を下してしまうと言う事は、せっかく摂った貴重な栄養素も体外へ排出されやすくなってしまう訳ですので、その日にとった食事が無駄になってしまう事もあります。

 

これについては牛乳と胃もたれのページでもう少し詳しく解説をしていますが、飲み過ぎは下痢になってしまいますのでお気を付けくださいね。

 

ご飯が食べられなくなる

 

牛乳は水と違ってずっしりと胃にのしかかるような感覚があります。例えばお水と同じ量の牛乳をゴクゴク飲んでしまったのであれば、お腹が膨れてしまってその後の食事をお腹が空いた状態で食べるのは難しくなるのも欠点であると言えますね。

 

身長を伸ばすためには1つの食品を摂っていれば良い訳でもありません。同じタンパク質であるお肉や豆類などをバランス良く摂りいれる事で、それぞれが身長を伸ばす手助けをしてくれるようになります。

 

お腹いっぱいでご飯が食べられなくなると言うのは、身長を伸ばす上では致命傷になると言えるでしょう。食事の前は出来る限り控えるようにしておき、飲むのであれば食事中や食後に200ml程度がおすすめです。

 

色々な栄養を摂る事が身長を伸ばす鍵!

 

このように牛乳にはタンパク質やカルシウムが豊富で手軽に摂れると言うメリットがある反面、飲み過ぎてしまうと肥満になったりご飯が食べられなくなってしまうなどのデメリットもあります。

 

ではどうすれば効率良く子どもの身長を伸ばしていけるのか、その答えはとても基本的な事で色んな食材からバランス良く栄養素を補う、これに尽きます。

 

身長を伸ばしてくれる成分はタンパク質ですが、タンパク質の代謝を促進させるためにはご飯やパンに多く含まれる炭水化物が必要不可欠ですし、身体の調子を整えてくれるビタミンの存在も外せません。あらゆる栄養が相互し合う事で、初めて全身に栄養が回るようになります。

 

身長を伸ばすために牛乳を1日1リットル飲む。確かにこれでもタンパク質は十分に摂る事が出来ます。しかし、本当に大切な事は朝・昼・晩の3食をきちんと取り、その上で牛乳からタンパク質やカルシウムを補給する。

 

身長を伸ばすと言うととても難しそうな事のように思えますが、実は基本的な生活を徹底していれば今は体格の小さな子供であったとしても伸ばせる可能性は十分にあるのです。

 

食べられない子はサプリを使ってみましょう!

 

ただ、どうしてもご飯を食べるのが苦手だと言う子も少なくはありません。いくら身長を伸ばしたいと言う思いを子供たちが強く持っていたとしても、成長のために必要な栄養をきちんと確保出来ていないようであればその願いも潰えてしまう事でしょう。

 

ではどうすれば、食が細い子供たちでも身長を伸ばすための栄養を十分に確保出来るのか。その答えは意外と身近なところにありました。それが身長を伸ばすサプリメントを使ってみると言う方法。

 

こういったサプリメントは成長期に子供たちが摂りいれたい栄養を満遍なく補えると言うもので、ビタミンやミネラルなど野菜などに多く含まれている成分を簡単に摂れるのが嬉しいポイントです。

 

特に現代の生活では野菜不足が深刻だと言われています。1日に野菜は350g摂らないといけないとよく色んな所で耳にしますが、とてもじゃないですが毎日これだけ多くの量の野菜は摂れないですよね。

 

そんな時に身長を伸ばすサプリメントが役に立つと言う訳です。詳しくは身長を伸ばすサプリ専門サイトで知る事が出来ますので、興味のある方はこちらも覗いてみてはいかがでしょうか。特に子供が身長を伸ばしたい思いがあるけれども、ご飯を食べる量が少ないと言う方におすすめです。